You are the one.

今日より明日、明日のうれしいを創る。

当社より営業のご連絡をさせていただいた皆様へ

Media不動産投資裏事情『Naviva』

営業現場では語られることのない裏事情を徹底解説いたします。
Naviva ナビバ

営業担当者からの一方的な情報だけではなく、公平性のある不動産投資の正しい知識を持っていただきたいと考え、不動産投資情報のリアルな裏側を包み隠さずお伝えいたします。

NAVIVAでは、不動産投資に関する裏情報の配信のほか、不動産に関するチェックリストの配布や無料相談や各種セミナーの開催など、不動産投資をお考えの方にとって、お役立ちになるような情報をご提供しております。

Navivaへ

ワンルーム投資を始めるまでの手続きと、新型コロナで変わったローン審査基準

ワンルーム投資を始めるまでの手続きと、新型コロナで変わったローン審査基準

ワンルームマンション投資を行うには、一にも二にも、物件を購入する必要があります。そして物件を購入するまでには、「金融機関のローン審査を通過し、融資を受ける」という工程があります。まさにワンルームマンション投資の、最大の“山場”と言えるでしょう。 今回はワンルームマンション投資を始めると決めてから、実際に物件を引き渡されるまでに、ローン審査を含めどんな手続きを踏む必要があるのかを、ざっと紹介します。あわせて、新型コロナの影響で変化した、ローン審査の基準についても、現場のリアルな視点で紹介します。

続きを読む
決着!投資用物件とマイホーム、どちらを先に買えばいいか問題

決着!投資用物件とマイホーム、どちらを先に買えばいいか問題

ひとくちに「家を買う」と言っても、居住用のマイホームと、投資用物件の2つに大別できます。その両方を手に入れたい場合、果たしてどちらから買えばいいのでしょう? そんな“永遠の課題”について今回は、少し意外な視点も交えながらお話しします。 と言いつつも結論から言ってしまうと、マイホームと投資用物件で迷ったら、「まずは自宅から買うべき」だと個人的には思います。なぜなら、自宅は生活必需品であるのに対し、投資用物件は生活必需品ではないからです。もしマイホームを持ちたいという気持ちが本気で起こったら、その思いは実際にマイホームを持つまで消えることは基本的にないでしょう。

続きを読む
ワンルーム投資で名義人が死亡し、団信が適用。相続人がすることは?

ワンルーム投資で名義人が死亡し、団信が適用。相続人がすることは?

ワンルームマンション投資でローンを組む際は通常、団体信用生命保険、通称「団信」に入ることを義務付けられます。団信とは、もしローン名義人が死亡したり高度の障害を負って支払不能になったりした場合、団信がローン残債の全額を、保険金として金融機関に支払う保険です。つまりはローン名義人と、お金を貸している金融機関の双方を助ける保険制度といえます。

続きを読む

About不動産投資について

年金対策

退職後に受け取れる年金は実際にどれぐらいになるのか不安になりますよね。不動産投資は、老後に必要な生活費を補う私的年金として大きな役割を果たします。

詳しく見る

生命保険として

不動産投資でローンを借りる際に、生命保険や医療保険の代わりとなるような保証が受けられることをご存知でしょうか?

詳しく見る

節税対策

不動産投資を始めると様々な税金と付き合うことになります。事前に知ることで、節税効果を得ることができます。

詳しく見る

インフレ対策

今後、インフレ傾向にある中で実物資産が注目を集めてきております。インフレと不動産投資の関係についてまとめました。

詳しく見る

不動産投資FAQ

不動産投資に関する様々な質問をカテゴリ別でまとめました。これから不動産投資を始めようとしている方、参考にしてみてください。

詳しく見る
 

AGENTエージェント紹介

RECRUIT採用情報

 

お電話でのお問い合わせ
03-3222-8910

不動産投資、不動産取引全般の仲介、各種保険、
その他のご依頼ごとのご相談はお気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ