マンション経営の仕組み

マンション経営とは

マンションを購入後、自身で住むのではなく物件を賃貸することにより、長期的に賃料収入を得ることをマンション経営と呼びます。 物件を購入するためにローンを活用されたとしても、毎月の支払いは入居者様からの家賃でほとんどが賄われますので、実質的な負担額は毎月10,000円程度です。

※月々の支出等は管理会社によって異なりますので、詳細は専門のコンサルタントにご相談ください。

マンション経営のシミュレーション

マンション経営を始める上で必要な管理費や修繕費、不動産を持つことで支払い義務のある固定資産税を考慮して、将来の資産形成がどのように進んでいくのかシュミレーションする必要がございます。

※下記の項目は変動要素がありますので、生涯にわたって収支が保証されるものではありません。詳しくは専門のコンサルタントへご相談ください。

  • 家賃
  • ローン金利
  • 修繕費
  • 各種税金

マンション経営のメリット

年金対策として

年金財政が厳しい日本では、退職後に受け取れる年金は実際にどれぐらいになるのか不安になりますよね。 早い段階でマンション経営を始めることで、老後に必要な生活費を補う私的年金として大きな役割を果たします。

 

保険として

不動産投資でローンを借りる際に、生命保険や医療保険の代わりとなるような保証が受けられることをご存知でしょうか?

 
 

節税対策として

稼いだ給料から引かれている多額の税金に悩まされている方も少なくないはずです。 マンション経営を実施すれば、確定申告のタイミングでサラリーマンの方でも大きな節税効果を得ることができます。

 

インフレ対策として

インフレで物価が上がった場合、現金資産や証券資産の種類によっては資産価値の下落が発生します。不動産はインフレ傾向に近しい資産価値の上昇が期待できる為、インフレ対策としてご活用頂く方法にもなります。

マンション経営をする前に検討すべきこと

マンション経営のリスク

マンション経営は、何もしなくても収入が得られるというほど甘いものではありません。 代表的な7つのリスクをまとめました。事前に把握し、計画的なマンション経営を行いましょう。

他の投資商品との比較

不動産投資以外にも投資手法には様々な商材があります。それぞれの投資方法の特徴をまとめました。

お電話でのお問い合わせ
03-6261-1160

不動産投資、不動産取引全般の仲介、各種保険、
その他のご依頼ごとのご相談はお気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ