決着!投資用物件とマイホーム、どちらを先に買えばいいか問題

決着!投資用物件とマイホーム、どちらを先に買えばいいか問題

ひとくちに「家を買う」と言っても、居住用のマイホームと、投資用物件の2つに大別できます。その両方を手に入れたい場合、果たしてどちらから買えばいいのでしょう? そんな“永遠の課題”について今回は、少し意外な視点も交えながらお話しします。 と言いつつも結論から言ってしまうと、マイホームと投資用物件で迷ったら、「まずは自宅から買うべき」だと個人的には思います。なぜなら、自宅は生活必需品であるのに対し、投資用物件は生活必需品ではないからです。もしマイホームを持ちたいという気持ちが本気で起こったら、その思いは実際にマイホームを持つまで消えることは基本的にないでしょう。

続きを読む
ワンルーム投資で名義人が死亡し、団信が適用。相続人がすることは?

ワンルーム投資で名義人が死亡し、団信が適用。相続人がすることは?

ワンルームマンション投資でローンを組む際は通常、団体信用生命保険、通称「団信」に入ることを義務付けられます。団信とは、もしローン名義人が死亡したり高度の障害を負って支払不能になったりした場合、団信がローン残債の全額を、保険金として金融機関に支払う保険です。つまりはローン名義人と、お金を貸している金融機関の双方を助ける保険制度といえます。

続きを読む
ワンルーム投資営業マンに聞いた!現場でよく聞かれる10大質問<後編>

ワンルーム投資営業マンに聞いた!現場でよく聞かれる10大質問<後編>

ワンルームマンション投資の営業マン4人に、「お客さまからよく聞かれる質問」をインタビューし、その中から特に多く挙がった質問とその回答を紹介する特別企画。 後編では、ワンルームマンション投資のリスクや不安に関する質問を中心に紹介します。

続きを読む
ワンルーム投資営業マンに聞いた!現場でよく聞かれる10大質問<前編>

ワンルーム投資営業マンに聞いた!現場でよく聞かれる10大質問<前編>

ひとくちに「ワンルームマンション投資」と言っても、実態や実感をつかむのは、なかなか難しいものです。 そこで今回は、ワンルームマンション投資の現場で活躍する4人の営業マンに、「お客さまからよく聞かれる質問」をインタビュー。その中から特に多く挙がったものと、その回答を紹介します。現場目線のリアルな「よくある質問&回答集」で、ぜひワンルームマンション投資の“肝”をつかんでください。

続きを読む
不動産投資の電話営業マンが信用できるかを見分ける方法

不動産投資の電話営業マンが信用できるかを見分ける方法

職場や携帯電話に突然かかってくる、ワンルームマンション投資など不動産投資の営業電話。それをきっかけに不動産投資を始めて成功するケースも少なくないので、一概に悪いものとは言えませんが、信用できない業者が混じっていることも事実です。 そこで今回は、不動産投資の電話営業マンが信用できるかどうか見分ける方法を、いくつかの観点からご紹介します。

続きを読む
ワンルームマンション投資を「余剰資金の運用先」として使う方法

ワンルームマンション投資を「余剰資金の運用先」として使う方法

ワンルームマンション投資の大きなメリットは、資金と手間を最小限に抑えながら、実物資産を築けることにあります。ローン完済後には実物資産=ワンルームが手元に残るので、それによって家賃収入を毎月、何十年に渡って得られます。 ところがワンルームマンション投資には、他にも有効な使い方が1つあります。余剰資金の「運用先」として使う方法です。

続きを読む
「ワンルーム規制」がもたらすワンルーム投資への3つの影響

「ワンルーム規制」がもたらすワンルーム投資への3つの影響

これからワンルームマンション投資を始める方(あるいは検討している方)であれば、ぜひ知っておきたい条例が1つあります。それが「ワンルームマンション規制条例」です。不動産投資に関わらない方には馴染みがないと思いますが、実はこれがワンルームマンション投資の動向を左右する、大きな一要因となっています。ざっくりとでいいので、ぜひ頭に入れておきましょう。

続きを読む
検証!投資用ワンルームを35年後・50年後にいくらで貸せるか?

検証!投資用ワンルームを35年後・50年後にいくらで貸せるか?

ワンルームマンション投資をするうえで、最も理想的な運用方法といえるのが「長期運用」です。なぜかといえば、「トータルの収益額が一番大きくなりやすいから」です。典型的なのは、以下のような運用方法でしょう。

続きを読む
“ワケあり物件”を再生する!事故物件と社会貢献の意外な関係 /成仏不動産インタビュー③

“ワケあり物件”を再生する!事故物件と社会貢献の意外な関係 /成仏不動産インタビュー③

「事故物件」と「社会貢献」。一見結びつかない両者ですが、事故物件事業を通して、社会貢献を実現しようとする稀有な会社があります。事故物件に特化した物件情報を掲載するウェブサイト『成仏不動産』です。 事故物件が、なぜ・どのように社会貢献につながるのか? 成仏不動産を運営する株式会社MARKS 代表取締役社長・花原浩二氏に話を聞きました。

続きを読む
このさき「事故物件投資」がブームに?その驚きの収益性 /成仏不動産インタビュー②

このさき「事故物件投資」がブームに?その驚きの収益性 /成仏不動産インタビュー②

もし賃貸経営を行う物件で人が死んでしまった場合、その物件は「事故物件」となり、物件価値は大きく下がりかねません。 一方、そんな事故物件を再生させ、賃貸運用や売却を行って収益を得る「事故物件投資」という不動産投資法もあります。事故物件を専門に紹介するウェブサイト『成仏不動産』を運営する株式会社MARKS 代表取締役社長・花原浩二氏に、事故物件投資の仕組みと、その驚きの収益性について聞きました。

続きを読む
事故物件紹介サイト「成仏不動産」が見た事故物件のリアル /成仏不動産インタビュー①

事故物件紹介サイト「成仏不動産」が見た事故物件のリアル /成仏不動産インタビュー①

もし自分の物件で、人が死んでしまったら……。不動産投資をする人にとって「事故物件」は無視できない問題です。実際に“事故”が起こった場合、物件はどうなるのでしょう? 事故物件を専門に紹介するウェブサイト『成仏不動産』を運営する株式会社MARKS 代表取締役社長・花原浩二氏に、事故物件の現場の“リアル”を聞きました。

続きを読む